【ボホール島】アクティブ派が訪れたい、観光スポット5選。現地カーチャーター、手配・相場について。

フィリピン・ボホールに生息するターシャが枝につかまっている
kaori
kaori

2020年3月 フィリピン・ドゥマゲティ留学後、ボホール島に3泊4日でやってきました。今回は、ボホール島1日カーチャーター編。

tomoki
tomoki

この記事は、ボホール島で訪れて欲しい場所5選と、

現地カーチャーターの組み方や相場についてです。

私たちが実際に訪れた順番に紹介するので、参考になると思います。

現地カーチャータが約6600円で、

その他諸々アクティビティーを入れて約1日8500円/人でした〜

滞在日:2020年3月1日〜3月4日

【ボホール島】アクティブ派が訪れたい、観光スポット5選。

チョコレートヒルズ

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘。

ボホール島といえばココ!

ポコポコと小さな山が見渡す限り広がっているのですが、その山は乾季になると茶色く色付き、まるでkissチョコレートのようにみえることから、その名が付いたそうです。

板チョコレートの見本写真
kaori<br>
kaori

カカオの木だらけの丘ってわけじゃないんだ〜

チョコレートヒルズは巨人が喧嘩をして、小高い丘が出来上がったという伝説もあるよ〜  

たしかに、ココに来ると自分が巨人の国に迷い込んだ気分になる!

行き方

リゾートホテルの多くあるアロナビーチから、車で約2時間山道を走ります。

ボホール島ではバイクをレンタルすることもできますが、道が舗装されていなく危険なのと、砂埃多発なので正直しんどそうでした。

チョコレートヒルズのふもとで、入場料一人100ペソ(約220円・2020年3月)を払います。

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘にある入り口の看板

こんな階段を登っていきます。

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘の階段

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘にある看板

午前8時以前なら、ドローンを飛ばせます。

あいにくの曇り空ですが、チョコレートヒルズのポコポコとした、可愛らしさは健在。

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘と空の写真

別アングル。

チョコレート色に染まる丘の全体を見渡せる丘。

ATV・バギー体験とトリック写真

チョコレートヒルズのふもとで停止中のATV

次のスポットは、

チョコレートヒルズの周りをバギー体験です。

Graham ATV and bugcar rental』という所に行きました。

チョコレートヒルズからは、車で20分ほど。

1人1時間のATVドライブで、1000ペソ

2人乗りのバギーは1台1800ペソ。

※別途、入場料1人80ペソかかりました〜

他の料金表はこんな感じでした。

チョコレートヒルズで体験できるATVの料金表

バギーはこんな感じ。

チョコレートヒルズで体験できるバギーの写真

これは本当やってよかったです。想像以上のスリルに、前半はガチガチにハンドルを握りながら、自分で凸凹道を走らせていきます。

チョコレートヒルズで体験できるバギーの写真

バギーを4回もエンストさせながらも、でこぼこ道を進みます!

ふと見える景色が綺麗で、一息。

チョコレートヒルズで体験できるバギーとカップルのツーショット

後ろに見えるのが、チョコレートヒルズ

チョコレートヒルズで体験できるバギーとカップルのトリックアート

バギーインストラクターさんが、トリックアートをたくさん撮ってくれました。

謎の写真。もはや、チョコレートヒルズ関係なく、楽しい撮影会でした。

チョコレートヒルズで体験できるバギーとカップルのトリックアート

「彼、3人の女の子とデートしてるよ〜ケラケラ」と誰よりもノリノリで写真を取ってくれるインストラクターさんのサービス精神の高さ。笑

世界一小さいサル『ターシャ』に会いにいく

フィリピン・ボホールに生息するターシャが枝につかまっている

さてさて、ATVで爆走した後はまたチャーターした車に乗り込み、ターシャ(フィリピンのメガネサル)の元へ!

ATVが意外と激しいアトラクションだったのでここで、一休憩です。

ATV30分くらいでターシャのいるBilar Bohol Enchanted に着きます。

入場料1人100ペソ。

ボホール島でターシャがみられる施設のチケット

メインはターシャですが、超高級コーヒールピコアックで有名なジャコウネコもいます。

超高級コーヒールピコアックで有名なジャコウネコに餌付けをしている様子

10ペソで、餌付けができます。パパイヤが大好物の様子。3匹で取り合い。

超高級コーヒールピコアックで有名なジャコウネコに餌付けをしている様子


フィリピン・ボホールに生息するターシャについての注意書き

ターシャは大きな音や光に弱いので、注意しながら見ます。写真左側の小さな林の中に4匹ターシャがいました。

フィリピン・ボホールに生息するターシャが枝につかまっている

ほわほわの毛並みです。下の写真のように葉っぱの下に隠れていて、サイズは小粒のマンゴーほど。

フィリピン・ボホールに生息するターシャが枝につかまっている

しっかり枝にしがみついている姿が可愛すぎます。


フィリピン・ボホールに生息するターシャが枝につかまっている

絶叫・ジップライン

さて、ターシャとジャコウネコに会った後は、

再びスリルを求め、ジップラインへ!!

↓右側に少し写っている、ケーブルに引かれて飛びます。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

山の間をターザンのように飛んでいきます。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

ジップライン、往復500ペソでした。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

結構軽めの装備で不安になりましたが、つけてみると意外に安定しています。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

先に来ていた欧米人家族が飛んでいく様子。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

       LET’S GO!!       

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

走行時間は30秒ほど。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

怖さよりも、景色の美しさ、爽快感が勝ちます。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

下は渓谷。ロボック川を見下ろせます。

ロボック川を飛び抜けるジップラインを楽しむ男女

※画像はアクションカメラで撮影したものを、画像に変換しています。

GoProを落としたら悲しすぎるので、6000円くらいで購入できる、アクションカメラは手軽でいいですね〜

アクティブ派の人にはオススメの場所です!しかも、めちゃくちゃ空いている。

ロボック川 SUP体験

さて、まだまだアクティブに行動したい方には、ロボック川のSUP体験もオススメです。

また30分ほど車で移動し、、、

ロボック川の有名なランチビュッフェ船があるところの近くのエコビレッジに行きました。

ランチビュッフェの時間は混むので、夕方訪れるのがオススメです〜

ロボック川にあるSUP体験ができる施設

SUP Tours Philippines↑併設されているコテージの名前。

ロボック川にあるSUP体験ができる施設

入り口はこんな感じで、落ち着いた雰囲気です。行った時間が3時すぎてたからか、人混みもなく、しっかりSUPの講習をしてくれました。

ロボック川にあるSUP体験ができる施設


トリップアドバイザーで高評価。

ロボック川にあるSUP体験ができる施設

どことなく、バリのウブドのような雰囲気ですが、ほんとに人が少ないです。

ロボック川にあるSUP体験ができる施設

レンタルバイクもできます。

SUPは1時間一人800ペソでした。

ロボック川をひたすらSUPで漕いで、ガイドさんや、イタリアンの3人組と話したり。

ロボック川にあるSUP体験ができる施設

川幅も広いため、SUP初心者でも漕ぎやすいと思います。

平和な時間が流れています。

1時間のサップツアーが終わると、午後5時。

ロボック川から、アロナビーチは約1時間。

ホテルに着いたのが6時過ぎでした。

【ボホール島】現地カーチャーターで行ってきました。手配編

ボホール島・現地カーチャーターは、アロナビーチ沿いの代理店や、ビーチ沿いを歩いていると、客引きがいるので値段交渉するといいと思います。

基本料金がプリントされたボードを持っていて、ぼったくりのような値段になることもないので、比較的個人手配しやすいと思います。

ちなみに私たちは、ボホール島に船できたときの港(タビグララン港)からトライシクルで送ってくれたドライバーのお兄ちゃんが、

一日カーチャーターもやっているそうなのでお願いすることにしました。

朝9時ホテルまで迎えにきて、夕方6時までで、

3000ペソ。 

言い値は2000ペソでしたが、チップを込めて上記値段です。

※集合・解散時間は自分たちで決められました

団体ツアーだと、SUPや、ATVには寄らないので、よりアクティブ、自由な旅をしたかったら、カーチャーターはオススメです!

カーチャーターの車はこんな感じ

ボホールカーチャターにつかった車のトヨタ

日産ですが、海外製のためか、国産の日産よりも車内広々に感じます。

【ボホール島】現地カーチャーター1日観光 総額

・カーチャーター 一人1500ペソ(二人3000ペソ)

・チョコレートヒルズ入場料 100ペソ

・ATV1時間+入場料 1080ペソ

・ジップライン 500ペソ

・ロンボク川SUP1時間 800ペソ

計 3980ペソ 日本円で約8439円でした〜

最後まで、読んでいただきありがとうございます(^^) 一緒に世界一周をしている彼Tom のブログはこちらから!

AroundRu
平凡サラリーマンが世界でその名を轟かせるその時まで

働きながら世界一周をする方法を知りたい方は要checkです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました