【小田原撮影スポット】魔法のトンネルと呼ばれる、御幸の浜にいってきた。

こんにちは、kaoriです。

kaori
kaori

4年前に購入した一眼レフをずっと寝かせていましたが、

最近カメラ熱が上がり、猛練習中です。

そんな、4年熟成?!の、一眼レフ初心者が、撮影スポットを探し、巡っていくYouTube企画!

今回は、小田原のノスタルジック海岸、『御幸の浜』に浴衣×朝日のノスタルジック撮影に行ってきました!

動画でご覧になる方は、こちらからどうぞ!

【小田原vlog 】ノスタルジックな浜で、朝日×浴衣のポートレート撮影してみた。#御幸の浜

御幸の浜の一押し撮影スポット、駐車場情報や、小田原近くの他の海岸スポットについての記事になります。

小田原のノスタルジック海岸、『御幸の浜』

御幸の浜ってどんなところ?

神奈川県のノスタルジック街、小田原の中でも、特にノスタルジック度が高いのが、こちら『御幸の浜』

西湘バイパスの下を通る、歩行者用トンネルを抜けると広がる海岸が特徴的です。

もう、絵になりまくりです。

地元民は、『海へのトンネル』と呼んだり

『魔法のトンネル』『額縁のようなトンネル』とみな思い思いに愛着を込めて呼んでいます。

小田原城などの観光と一緒に行ける立地も魅力的です。

行き方

小田原駅から徒歩10分ちょっとで行ける『御幸の浜』

前回紹介した、小田原おしゃれ横丁の近くを通るので、カメラ好きにはこちらもオススメです。

レトロな雰囲気の居酒屋が並ぶ通り。特に夜スナップが映えます。

ちょっと高級な雰囲気の料亭や、寿司屋もあり、城下町らしい雰囲気も味わえます。

【小田原Vlog】小田原の街を雨の日に歩いたら映えて仕方がなかった

浜の近くには、小田原名産の蒲鉾屋が軒を連ねる、かまばこ通りもあり。

さつま揚げの食べ歩きもできるので、小腹を満たしてから、浜にいくのもいいです。

駐車場

御幸の浜ちょっと不便なのが、駐車場。

駐車場がいくつかあるのですが、御幸の浜は人気の海水浴場でもあるので、夏場は駐車場が満車のこともあります。

こちらは、私たちが利用した駐車場です。浜へのアクセスがいいのと、

マンションの影になっているので、夏場でも暑くならないのがポイント高いです。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3258.3735835797825!2d139.15781825178934!3d35.246960664041794!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x640f9ff15d6e24a2!2z44OV44Op44OD44OI44OR44O844Kt44Oz44Kw5bCP55Sw5Y6f5pys55S656ys77yR!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1598843026950!5m2!1sja!2sjp

夏場1日最大料金1500円

それ以外は、1000円。

御幸の浜は小田原駅に近いという立地のため、駐車場代がまあまあしますね^^;

となると、駅からの街歩きも楽しめるので、徒歩が魅力的かな。

撮影スポット

『海へのトンネル』ですが、海岸沿いにいくつもあります。

数えてないから正確ではないですが、10カ所くらいあるんじゃないかな?

やっぱり定番の後ろ姿を撮影したり、

フラッシュを使ってストリート風にスナップ写真を撮ったり、

浴衣をきてみたり。

トンネル周辺は木漏れ日があり、日中でも光が柔らかくなるのでポートレート撮影にも向いていました。

いやー、1カ所で何度も楽しめる場所です。

自転車があるだけで、ノスタルジックな雰囲気になる、そんな『魔法のトンネル』です。

浜を抜けた先には、海岸が広がり、朝日撮影にちょうどいい場所です。

小田原の有名朝日スポット『国府津』も近くにありますが、国府津は早朝釣り人が多いので、

御幸の浜の方が撮影向きという印象です。

あ!御幸の浜は海水浴場でもあるので、海水浴者がいる時の撮影は注意しなきゃですね^^;

写真は7時すぎに撮ったので、完全に日が昇ってっていますね。

その点早朝(今回は5時ごろから)の撮影だったため、気兼ねなく撮影できました。

小田原の朝日スポットと言えばココ『国府津海岸』

国府津海岸ってどんなところ?

国府津海岸は、言わずと知れた朝日の名所。

元旦は地元民が、初日の出を見に集まる神奈川の景勝地です。

釣り人にとっても、アクセスのいいサーフフィッシングの聖地として有名。

行き方

御幸の浜からは、北東に約7kmの位置にあります。

電車なら、JR小田原駅から2駅。

JR国府津駅からは徒歩6分の好立地です。

海の見える駅でもあるので、やはり徒歩×電車移動も魅力的。

国府津駅 | 海の見える駅
JR東海道本線・御殿場線の国府津駅は、神奈川県小田原市にある海の見える駅です。列車が国府津駅に滑り込むと同時に、車窓には相模湾が広がります。ターミナル駅ながら、海までは歩いて数分の距離です。

駐車場

駐車場は、複数ありますが、釣り人が多いので満車のことも。

駅前駐車場。

こちらは海岸近くで便利な駐車場。

撮影スポット

国府津は西湘バイパスの高架下にあり、どこまでも続くような高架下の奥行き感が絵になります。

足元は大きめの石なので気をつけてくださいね(^^)

テトラポットも雰囲気があっていいです。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

YouTubeでは、撮影の様子を公開しています。

朝3時30分起きで、早朝特有のなぞのハイテンションで御幸の浜でポートレート撮影してきました。

簡単な撮影小物を使ったりしているので、ぜひご覧ください〜!

【小田原vlog 】ノスタルジックな浜で、朝日×浴衣のポートレート撮影してみた。#御幸の浜

このブログでは、撮影場所の情報や、YouTubeでは伝えきれなかった細かい情報など旅の情報をメインでをお伝えしていきます!

ぜひ、次回のカメラ旅もご覧いただければと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました