【2020年】ドゥマゲティからオスロブ(ジンベイザメシュノーケリング)自力での行き方。

oslob-whaleshark
kaori
kaori

さて、今日はドゥマゲティからオスロブへの自力での行き方・シュノーケリング申し込みについて。

オスロブではジンベイザメと泳ぐことができます。

セブ旅行の際に、パッケージツアー等申し込む方法もありますが、1人2万円ほどです。

シュノーケリングで2万円、高すぎ、、、。しかも出発地はセブシティー。留学先のドゥマゲティからはどう行けばいいんだ〜?

というわけで、留学先の先生に聞いたりしながら、ローカルルートでオスロブに行ってきました。

結果:自力で行けば、シュノーケル込みで約3750円でした〜

注意点

ジンベイザメが見れれるのは、午前中だけ!

ジンベイザメは餌付けをされているので、お腹いっぱいになると外洋に帰って行ってしまいます。

たくさんの観光客が訪れるので、

朝8時には、オスロブに到着するように出発しましょう!

ドゥマゲティからオスロブ 自力での行き方

oslob-whaleshark

ドゥマゲティからオスロブへは、トライシクルと船、バスを乗り継いでいきます!

  • ドゥマゲティ〜シブラン港

トライシクルで、1人30ペソほど。

早朝4時30分に出発しましたが、トライシクルは捕まえることができます。

1ダウンタウンから15分ほど北上します。

  • シブラン港〜リロアン港
oslob-whaleshark

朝5時、辺りは真っ暗です。

入り口で、船の切符を買うのと、

リロアン湾から、オスロブまでのバスの座席を予約します

セレスバスの予約をすると、船のチケットの裏に席番号を書いてくれるので、チケットは無くさないようにしましょう。

写真左が、船のチケット売り場、右側がセレスバスの予約場所です。

oslob-whaleshark

波が高いので、酔い止め必須です。

帰りの船で3人連続で、リバースしていました。


oslob-whaleshark

港のエントランスフィー入れて、82ペソ。約177円。

3年程前までバンカーボートもあったそうですが、今は中型の船のみ。値上がりしています。(語学学校先生より)

oslob-whaleshark

密告船感漂う船ですね。笑

oslob-whaleshark

フィリピンの船には珍しく、時間通りに出発でした。

時刻表。フェリー代は62ペソです。

oslob-whaleshark

  • リロアン港〜オスロブ   

リロアン港を降りるとすぐにセレスバス(黄色のバス)が待っているので、乗り込みます。行き先はセブ行きとなっています。

oslob-whaleshark

乗ってから、車掌さんが行き先を訪ねるのでオスロブwheal shark watchingと伝えましょう。

oslob-whaleshark

こんな感じのチケットを渡されます。このチケットは別日のものです。

オスロブまでは30ペソ。

帰りは16ペソだったので、早朝料金があるのかも知れません。

ほかの乗客も30ペソ渡していたので、ボッタクリではなさそう、、、。

オスロブに到着すると、現地ツアー会社が多く集まる場所で下ろしてくれます。

【オスロブ】個人でジンベイザメシュノーケリングに申し込む方法

私たちが利用したのは、「サンライズ ビュー リゾート」というホテルが併設されてある現地ツアー会社でした。

入り口。

oslob-whaleshark

中に入ると、大きなジンベイザメのオブジェがあるのでポイントです。

oslob-whaleshark

ツアー代金は、1人1300ペソ。こちらも数年前より値上がり中。

アクションカメラ、撮影もあり、1台1000ペソでした。データは、SDリーダーから、iPhoneに転送してくれます。

私たちは5人で行ったので、1人200ペソ。

オスロブジンベイザメシュノーケリング中は、かなり波もあるので、慣れているスタッフさんに撮影を頼んでよかったです。

ロッカーあり。

oslob-whaleshark

このロッカーに入らないほどの荷物があったので、レジ裏にあるロッカーを貸してくれました。

oslob-whaleshark

そこから、2時間半ほど待ちました。

(ジンンベイザメ保護のため、入場制限がかかっているとのことでしたが、待ち時間・人だらけは覚悟したほうがいいです)

待ち時間に、

・ジンベイザメに近づいては行けない 

・日焼け止めを塗っては行けない

等、講義を受けたら、いざボートに乗ります。

oslob-whaleshark
oslob-whaleshark

入水すると、すぐにジンベイザメに会えました〜

oslob-whaleshark

ジンベイザメに近づかないようにと言われても、気にせず向こうからバシバシ当たってきます。

逃げるのが大変です。

oslob-whaleshark

真剣に、プランクトンを食べています。

oslob-whaleshark

大きすぎ!人のこと気にしなさすぎ!自由!なジンベイザメ!

大満足のシュノーケリングでした。

【オスロブ】個人でジンベイザメシュノーケリング 費用

交通費 

トライシクル ドゥマゲティ〜シブラン港 30ペソ×2(往復60ペソ)

船 シブラン港〜リロアン港 82ペソ×2(往復162ペソ)

バス リロアン港〜オスロブ 行き30ペソ、帰り16ペソ(46ペソ)

現地ツアー

ジンベイザメウォッチング 1300ペソ 

アクションカメラ(5人で利用)1人あたり 200ペソ

計 1770ペソ、3750円でした〜

【オスロブ】スミロン島シュノーケリングにも行ってきました!

oslob-whaleshark

オスロブのすぐ近くには、美しいサンゴとホワイトサンズビーチを楽しめるスミロン島もあります。

oslob-whaleshark

ジンベイザメウォッチングは午前中に終わるので、午後はスミロン島にいき、シュノーケリングをしたり、ビーチでまったりしました〜。

オスロブからは、車で10分+ 船で、15分ほどで到着。

oslob-whaleshark

「サンゴがいきいき!」

oslob-whaleshark

スミロン島は、シュノーケリング+交通費で700ペソでした。

15時ごろまで、スミロン島に滞在し、

私たちは、ホワイトサンズビーチで有名な、モアルボアルで一泊することにしました。

モアルボアル・オススメ宿についてはこちらから!

【モアルボアル】ヤシの木と星空に癒される、オススメ宿情報
kaoriフィリピン・ドゥマゲティ留学中に、1泊旅行で訪れたモアルボアルで宿泊したオススメ宿についてです。訪問日:2020年2月22日〜23日モアルボアルで、水族館以上のイワシの大群と泳いだ記事はこちらから...

モアルボアル・ホワイトサンズビーチやイワシランについてはこちらから!

【モアルボアル】イワシ玉と亀が一度に見える最高スポットに行ってきました。
ドゥマゲティ留学中に、1泊旅行で訪れたモアルボアルについての旅行記です。訪問日:2020年2月22日モアルボアル・イワシ玉と亀が一度に見える最高スポットモアルボアルはセブ島にあります。私たちはド...

コメント

タイトルとURLをコピーしました